自宅で自由に愛車を眺める、ビルトインガレージの良さ

自由に整備ができる

空間創造の専門家というと建築家ということになります。
まず家を建てるには家族があって将来の夢があり、生活スタイルがあります。
その後の変化のことも考えたライフプランがあり、これは個々に違うものです。
そういう希望を満たすには綿密な打ち合わせの元でプラン作りを進めて行く必要があります。
キッチンからダイニングや居間を見渡せる空間とか、趣味の園芸や音楽を生かせる空間、あるいは書斎を持ちたいとかオートバイも飾っておきたいとかの夢も実現することができます。
2階部分から外気に触れる場所に出られたり、陸屋根を緑化して省エネ住宅を実現することも可能です。
家族の人数や予算に合わせて設備機器もそれなりの予算の中で工夫することで費用を余りかけずに良い住まい作りを実現することもできます。

住宅を建てるには土地の形状や周りの状況、向き、広さなどに合わせて大工さんなどが田の字型のような間取りのプランを作り施主に提示して、それに了解をもらって柱割を行い材料の手配を行って屋根型もそれなりに整えて作って行くという方法が取られていました。
木造の在来工法においては土塗り壁を施工して、今でいう断熱材の役割を果たす工法が取られていました。
ところが企業利益の優先という高度成長期の時代に入って工期の短縮化が図られ、乾式工法という水を使わない施工へと変遷して行きました。
土に変わってグラスウールやロックウール等の断熱材が使われ、外壁はサイジングを貼るという工法に変わりました。
さらにはプレハブハウスメーカーの出現でボックス型の箱を組み上げる方式のものも現れました。
現在住宅は余剰状態にあり少子高齢化時代を迎えてコンパクトなものが求められて来るような時代になっています。