自宅で自由に愛車を眺める、ビルトインガレージの良さ

室内から快適に乗れる

注文住宅を建設するというのは、大変な手間と費用がかかることです。
それらの全てをクリアした時は大変大きな達成感を得ることが出来ます。
その手間と費用は、自分や家族が一生懸命に働いて得た収入を投入するのですから、ローンの組み方や建築計画、設計等のあらゆる面で無駄を省きたいものです。
そのためには、事前に可能な限りの情報を集めておくことが必要になります。
例えば、ローンを組んだ際の金利についてです。
また、ローンを組む以外にも現金で払う必要がある費用についても現実的な額を把握して、尚且つ家庭生活を圧迫しないように事前に貯金するなどの方法で確保しておくことが大切です。
この時に忘れてしまいがちな問題に駐車場問題があります。

二つの駐車場問題の一つ目は、建設中の工事用車両の駐車場です。
建設するための敷地内に駐車スペースがない場合には、他の土地に必要なスペースを確保する必要があります。
このための費用が別途かかる場合があります。
もう一つは、建設する住宅に設ける駐車場の仕上げについてです。
外構工事と同時に行われる場合が多いものですが、これを住宅と同時に仕上げるのか、後日にローン以外の資金で工事を行うのかでは費用の負担が変わってきます。
また、工事方法でもかなり費用が変わります。
簡単な舗装仕上げにするのか、外構工事と合わせた見た目重視に仕上げるのか、見た目にこだわらずに大規模なカーポートを設置して利便性を取るのかということを家族や工事業者と十分に話し合っておくことが重要です。